Mums Market
28-03-17




「妊娠中、自分でもどうしていいかわからないほど色んなことが不安になってきた・・・」、「出産後、理由もなく涙がでてくることがある」


オーストラリアには、こんな時、 気軽に電話をかけてカウンセラーに話を聞いてもらえたり、あなたに合った対処法を相談できる電話番号が存在すること、あなたは、ご存知でしたか?


こんにちは、”うる・かう・つながる・たのしむ” Mum's Marektのしのです。


お陰様で、二周年を迎えたMum's Market。先日お伝えした通り、二周年記念企画のテーマは「オーストラリアと、つながる


日本人ママさんが、ここオーストラリアで快適に暮らせるよう、オーストラリアの色々な専門家にお話を聞いて、そのインタビューを皆さんにお届けします♪


本日、第1回目のインタビュー、お話をお聞かせいただいたのは、オーストラリアの『Perinatal Anxiety & Depression』をサポートする団体、通称『PANDA』


今回は、PANDAの広報担当 Davidさんにお話を伺いました。


オーストラリアで毎年約100万家族が苦しむ『Perinatal Anxiety & Depression』、あなたの周りにも苦しんでいる人がいるかも・・・



● まずは、デイビッドさん、『 Perinatal Anxiety & Depression』 ってなんですか?

『Perinatal Anxiety & Depression』 というのは、妊娠中または、産後1年以内にでてくる不安(Anxiety)やうつ(Depression)症状のことをいいます。

とても深刻ですが、よくみられる症状で、オーストラリアでは毎年約1,000,000家族がこの病気の影響を受けています。

『Perinatal Anxiety & Depression』は、女性にだけ起こると思われがちですが、そうではなく、女性にも男性にも起こり得る症状です。

万が一、治療をせずに症状を放っておいた場合には、発症した本人だけでなく、周りの家族にも大きな打撃を与えかねない病気です。



● よく耳にする「産後うつ」と『Perinatal Anxiety & Depression』の違いはなんですか?

「Perinatal」というのは、ママのお腹に赤ちゃんが宿った受胎の時期をはじめとして、出産後1年目までの時期を指します。

その他に、「Prenatal」という単語は、出産前の妊娠中の時期をいい、「Postnatal」という言葉は、出産後のことをいいます。

ですので、「産後うつ」とは、「Postnatal Depression」と英語ではいいます。 

「Perinatal」というのは、簡単にいうと、「Prenatal(産前)」、「Postnatal(産後)」を合わせた時期のことをいいます。

産前のうつ症状は、10人に1人の女性、そして、20人に1人の男性にみられるといわれ、産後うつは、7人に1人の女性が苦しむといわれています。ちなみに、男性も10人に1人が産後うつになるといわれています。

妊娠中から産後1年目の時期のママとパパは、赤ちゃんが生まれてくる大きな期待と同時に初めてママとパパになるというプレッシャーから、うつ症状まではいかなくとも、不安症状がでることがよくあります。

そのため、現在では、妊娠中から産後1年目のうつ症状と不安症状を合わせて 『Perinatal Anxiety and Depression』という診断名がつけられています。



● どんな症状がみられますか?

この病気の兆候や症状は、個人個人によって違います。


一般的によく見られる症状としては、


  • パニック発作
  • 常にずっと何かを心配している
  • 赤ちゃんの授乳や夜泣きがないときでも、眠れない
  • 無気力
  • 自信がない、自分のことを大事にできない
  • 常に悲しい、または涙がでる
  • 家族や友達と関わるのが面倒になり距離をとる


といった症状がよくみられます。



一本の電話があなたと、あなたの家族を救うカギになるかも・・・





● PANDAでは、どういったサポートをうけることができますか?

PANDAは、オーストラリアで唯一、Perinatal Anxiety & Depression専用の電話ヘルプラインを開設している団体で、PANDAのヘルプラインはオーストラリア全域どこからでもご利用いただけます。


ヘルプラインの他にもPANDAでは、以下のサポートを提供しています。

*PANDAの2つのウェブサイト(http://www.panda.org.au/  http://howisdadgoing.org.au/)では、オーストラリアに住む家族のために重要なインフォメーションやサポートの提供。


*医療専門家への二次相談


*オーストラリア全域のPerinatal Anxiety & Depressionに関する、サポートグループや、医療サービス機関などから、あなたのご自宅の近くであなたの条件にあったサービスを紹介。


*集中サポート&サービスコーディネーションプログラム:緊急に様々なサービスをコーディネートする必要が高い家族に対し、プロのカウンセラーがカウンセリングを行う傍ら、その他のサービスの調整を行います。(ビクトリア州とアデレードのメトロポリタンエリアの地域限定)


*医療専門家による地域教育(ビクトリア州のみ)


*Perinatal Anxiety & Depressionのサポートグループやサポートプレイグループを創設する際のお手伝い(ビクトリア州のみ)



● PANDAに相談したいときにはどうすればいいですか?

PANDAヘルプラインに電話をしてください。 

PANDA NATIONAL HELP LINE 1300 726 306

(月~金 10am~5pm AEDT)



● 英語が苦手でもPANDAのヘルプラインで相談できますか?

PANDAでは、英語を話すのが苦手な方のために、ヘルプラインへ電話をかけるとオプションで通訳サービスを利用することができます。



● PANDAのサポートを受けるのに医師からの推薦状(referral)が必要ですか?

電話でPANDAのスタッフに相談ができるヘルプラインは、医師からの推薦状はいりません。

ママとして自分の心に不調がでたと感じるとき、もしくは、あなたの周りのご主人やパートナー、お友達に助けが必要だと感じたとき、だれでもPANDAのサポートラインに相談の電話をかけていただけます。



● PANDAのヘルプラインに初めて電話をします。どんなことを聞かれますか?

PANDAのヘルプラインに電話をするとまず、電話口でカウンセラーがあなたの電話をうけることになります。まず初めに、カウンセラーは、あなたの連絡先などを聞き、それから、あなたの現在の気持ちや状況、赤ちゃんが安全な状況にいるかどうかなどについて、いくつか質問します。

これまでに例はあまりありませんが、電話相談は、匿名で行うこともできます。

カウンセラーが基本情報に関する一通りの質問を終えた後は、あなたにお話をしていただく時間になります。あなたが心配していること、あなた自身や家族にでている影響など、あなたが思っていることを、カウンセラーはなるべく理解したいと思っています。なんでも自由にお話してください。

もし、あなたが電話かけたときに、ヘルプラインがいっぱいでカウンセラーとお話ができない場合には、留守番電話にメッセージを残してください。同じ日に以内にカウンセラーからあなたに折り返し電話をかけ直します。



● PANDAのサポートを利用するのに料金はいくらぐらいかかりますか? 

PANDAのサポートは、基本すべて無料です



パパになるということが、男性の不安&うつ症状を引き起こすことも・・・


● 『Perinatal Anxiety & Depression』 は、男性にも起こりますか?

現在では、『Perinatal Anxiety & Depression』は女性だけでなく、男性にも起こることがわかっています。

年齢や、文化に関わらず、通常は、どっしりと構えて自信のあるタイプの男性であっても『Perinatal Anxiety & Depression』になることがあります。

男性の場合、症状として、慢性的な疲労感、頭痛が続く、筋肉のこわばり、食欲の変化、不眠、常にイライラしている、怒りや感情の起伏が激しい、感情を表さなくなる、孤立した気持ちになる、現実逃避のためにアルコールやドラッグに依存する、自殺願望または自殺未遂がみられることがあります。


●  『Perinatal Anxiety & Depression』に悩むパパのためのサポートもありますか?

はい、あります。男性もPANDAのヘルプラインで女性と同じようにサポートを受けることができます。問題を理解してなるべく早い段階でサポートを受けることが必要となりますので、男性のPerinatal Anxiety & Depression専用のウェブサイトもPANDAでは用意してあります。男性の場合、PANDAだけでなく、他の医療機関でもサポートを受けることが可能です。



あなたが誰かの助けになれることがあるかもしれません!!


● もし、パートナーや友達がPerinatal anxiety and depressionで苦しんでいるようなときどうすればいいですか?

Perinatal Anxiety & Depressionで苦しんでいる人をそばで支えるのはとてもつらく、ストレスのかかることです。あなたの大事な人を守るため、家族、パートナー、両親、お友達が、それを乗り越えるための大きな役割を果たすことになります。

  • 具体的な手助けや感情に寄り添った態度で接する:あなたの大切な人が、感情のコントロールが難しくなってきたとき、相手の気持ちを修正したり、気分を無理に良くしようと何かしたり、その感情を消そうとするのではなく、まずは、ただ話を聞いてあげてみてください。


  • 気持ちや気分の変化など、GPや助産師、産婦人科医、地域のチャイルドヘルスナース、もしくはPANDAのヘルプラインで、相談してみることをあなたの大事な人におススメしてみてください。


  • Perinatal Anxiety & Depressionを発症することは、多くの人にとってまったく予期せぬできごとで、時には心にトラウマを残すできごとです。しかし、これを乗り越えてきたママやパパたちは、“Perinatal anxiety & Depressionを乗り越えることで以前にはなかった強さや回復力がついた”といいます。“今、この辛い時期を一緒に乗り越えている私たちの絆はどんどん強くなっている“と思うようにしてみてください。


  • Perinatal Anxiety & Depressionは、生活の様々なところで影響がでてきます。例えば、モチベーションが下がったり、優柔不断で決断を下すことができなくなったり、自分自身や他人の見方が変わったりすることがあります。ですので、夫婦関係やキャリア、住宅購入・引っ越しなど人生において大きな決断を迫られることはこの時期なるべく避けた方がいいでしょう。


  • あなたの大事な人が、Perinatal Anxiety & Depressionを患ってしまったとき、あなたがその人をずっと支えていきたいと思うなら、あなた自身の体と心の健康を守ることはとても大事なことです。エクササイズをしたり、体にいい食事をとり、よく寝る、そして、アルコールを飲むときは適量にする。当たり前のことですが、とても大事なことです。


  • 一人ですべてを抱えるのではなく、周りの家族やお友達にサポートしてもらいましょう。また、周りからサポートのオファーがあった時には、気持ちよく受け入れましょう。




●  オーストラリア在住の日本人がPANDAの活動のお手伝いをボランティアでしたいときにはどうすればいいですか?

PANDAには”PANDA Community Champions Program”というボランティアプログラムがあります。

このプログラムは地域のPerinatal Anxiety & Depressionで苦しんでいる、ママ・パパ・家族をサポートするためネットワークを作りが目的で、Perinatal Anxiety & Depressionの啓発活動などにボランティアとして携わってもらえます。

オーストラリア在住の日本人で、Perinatal Anxiety & Depressionに過去に苦しんだ経験のある方や、子育てに悩んだ時期を過ごした経験のある方で、PANDAのボランティア活動に参加する興味のある方は、いつでも大歓迎です。詳しくはウェブサイトで詳細を確認してください。



最後に、PANDAのサポートを受け、元気に回復していった家族のストーリーをPANDAのウェブサイトで多数紹介しています。どれも力強い家族のストーリーとなっているので、ご自身もしくは周りにPerinatal Anxiety & Depressionで悩んでいる方がいらっしゃる方は、一度ウェブサイトを覗いてみてはいかがでしょうか? PANDAウェブサイト


*「Perinatal」という英単語は、日本語では「周産期」と訳されることがあります。しかし、綿密にいうと日本の「周産期」とは「妊娠中から産後7日目」を指し、「Perinatal」の「妊娠中から産後1年間」という両者に定義期間のずれがあるため、本文では、「Perinatal」は敢えて訳をせずに表現してあります。



                PANDA NATIONAL HELP LINE 1300 726 306 

(月~金 10am~5pm AEDT)



デイビッドさん、インタビューへのご協力ありがとうございました。

妊娠・出産という人生の一大イベントは嬉しいことも多い反面、表には現せない悩みや不安も多いもの、オーストラリアにいても、日本人ママが安心して心のサポートを受けられる場所があるとわかるのは、とても心強いですね。



さて、「オーストラリアと、つながる、第1回のインタビューいかがでしたでしょうか?

次回のインタビューも、またあなたのオーストラリアでの子育てに役立つお話をお届けします。

次回のトピックは「・・・」、もう少しだけ、ひみつ♪ 

予告をおたのしみに~(^^)/


*************

★Mum's Marketの『LINE』に参加すると、最新 予告・クチコミ・出品・イベント情報があなたの『LINE』に届きます♪

★毎日がフリマ気分♪ 誰でもかんたん出品はMum's Market(´0ノ`*)☆

★いま、Mum's Marketでポイント貯めるとColesのギフト券がもらえちゃうよ( ´艸`)

**************






Share